G-SPEC

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G-SPEC

一眼レフ初心者、ド素人のカメラ日記です,その他にも車やペットのハナちゃん、年間行事など書いていきたいと思います。ブログの内容は完全に僕の主観ですのであしからず

スポンサーリンク

『Zippo ハンディ-ウォーマー』買ってみた、ハクキンカイロって何?、もう使い捨てカイロはいらない?

最近、急激に寒くなってきました

2月になればまだまだ寒くなりますネ

そこでみなさんが良く使うのが

使い捨てカイロです

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

 

大活躍ですよね!

  

でも、みなさんもっとエコで

暖かいカイロが有るのを知っていますか

 

その名も

ハクキンカイロ

ハクキンカイロ?僕は初耳でした

 

簡単なハクキンカイロの説明です

金属の入れ物にオイルを入れ

気化したオイルがプラチナの触媒作用で

酸化発熱する化学カイロです

使い捨てカイロの様に廃棄物が発生せず

環境にやさしいです

 

んっ良くわからないので

早速、購入してみました

Zippoハンディーウォーマー

f:id:gokidon2015:20170122202157j:plain

↑始めて見ました

コチラの商品はハクキンカイロの

Zippo版です

ハクキンカイロ㈱の

元祖ハクキンカイロはコチラ↓

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード 1個入 【保温約24時間】

ハクキンカイロ ハクキンウォーマー スタンダード 1個入 【保温約24時間】

 

なんかレトロな感じが良いですね

なんと大正12年(1923年)から発売してるんです

スゲーロングセラー!

日本国内のZippoハンディーウォーマーは

ハクキンカイロ㈱がOEM製造しているみたいです

 

では、早速見てみましょう

箱から↓

f:id:gokidon2015:20170122204038j:plain

おおおZippo社の箱はCOOLです

かっこいいですね

今回はオイルセットを買いました

中身は↓

f:id:gokidon2015:20170122204158j:plain

・本体

・専用ケース

・オイル

・注油カップ

・説明書

です、オイルはZippoライターの

オイルです

んっ!?燃えて暖かいの!?

違うんですね~

ちょっと本体を見てみましょう

f:id:gokidon2015:20170122204653j:plain

普通にカッコイイです

意外に軽いですね(約70g)

大きさ比較はこんな感じ↓

f:id:gokidon2015:20170122205042j:plain

f:id:gokidon2015:20170122205053j:plain

煙草より一回り大きくて薄いです

 

蓋を外してみます

f:id:gokidon2015:20170122204840j:plain

んっ!?やっぱり火を付けて

暖かくなるっぽいジャン

まぁまぁ

更に先端部分(バーナー)を外します

f:id:gokidon2015:20170122205137j:plain

外した本体の中には

綿が入ってます↓

f:id:gokidon2015:20170122205214j:plain

もう完全にZippoライターやん!

違うんです

ハクキンカイロの秘密は

バーナーと言われる蓋にありました

f:id:gokidon2015:20170122205337j:plain

このバーナーと言われる部分にも

綿みたいなヤーツが装着されているんですが

これがプラチナ触媒です

スポンサーリンク

 

やっと謎が解けましたよ

この触媒が酸化発熱して

本体全体を温めてくれる仕組みらしいです

 

・・・って言われても

よくわからないですwww

 

実際、使ってみた方が早いですね

なんせ、始めてなモンで

説明書を良く読みながら行います

まずは小っさい注油カップに

f:id:gokidon2015:20170122210158j:plain

Zippoオイルを入れます

見えずらいですが下の線まで入れて12時間

上の線で24時間、持続して暖かいみたいです

始めてなので下の線までオイルを入れます

f:id:gokidon2015:20170122210340j:plain

次に、本体に入れます

f:id:gokidon2015:20170122210412j:plain

結構、こぼれるので

オイルが垂れても良い場所で行った方が

イイみたいです

 

てか、直接本体にオイル入れた方が早くネ?

そう思いますよね

ですが本体にオイルを入れすぎると

大変危険らしいです←なんか怖っ!

なので、ちゃんと計量してから入れます

オイルの入れすぎをチェックする為

本体を逆さまにして

中央部分を指先で軽く数回押します

f:id:gokidon2015:20170122210908j:plain

垂れる様なら、入れすぎなので

ティッシュなどで拭き取ります

カップの下の線だと垂れてきませんでした

 

ここでバーナー(触媒)の出番です

キッチリ本体にバーナーを取り付けます

そしてバーナー部分をライターなどで

炙ります

f:id:gokidon2015:20170122211258j:plain

本体を下に向けて火を付けちゃ駄目みたいです

なんだコリャ、結局火つけるのか?

大丈夫です燃やすのでは無く

バーナーを温める程度(3~5秒)

これでプラチナ触媒が

酸化発熱を始めるらしいです

 

酸化発熱をしてるかどうかの確認は

キャップを使います

バーナーの凹んだ部分に

キャップの先端を当てます

f:id:gokidon2015:20170122212002j:plain

水蒸気が出てくるのでキャップが

白く曇ります

成功です!

なんだこの作業は!

年号が変わるか変わらないかの

この時代に

こんなレトロな確認方法あります?

逆にオサレすぎます

 

目で見ても発熱具合がわかりました

 

ほんのり、赤くなってますね

f:id:gokidon2015:20170122211609j:plain

と、同時に本体も徐々に

温かくなってきましたよ~

キャップを戻します

f:id:gokidon2015:20170122211744j:plain

完成です

 

さてと、ケースに入れるか

なんてやっていたら

 

・・・・あっち!

あちちちちちち!

もう持てないくらい熱くなってます

早いです

直ぐにケースに入れた方が良いみたいです

f:id:gokidon2015:20170122214644j:plain

入口はマジックテープになっているので

本体が飛び出す心配がありません

ケースに入れれば

熱すぎて触れないって事はありません

程よく温かいって感じです

発熱パワーは使い捨てカイロの13倍!

道理で直接触ると熱い訳です

 

この暖かさが

12~24時間続きます

しかもエコ

オイルを買えばオッケー

本体は一生使えます

 

バーナーは消耗品で

シーズン起き(70~90回)の

交換が必要みたいです

ZIPPO(ジッポー) ハンディーウォーマー用バーナー ZHW-JHG

ZIPPO(ジッポー) ハンディーウォーマー用バーナー ZHW-JHG

 

↑そんなに高くないですね

 

大変便利でエコ&COOLでHOTな

ハンディーウォーマーなんですが

デメリットもあります

・一度発熱したら消えない

・オイル臭がする

(鼻につけるぐらいしないと匂いませんでした)

・飛行機に持ち込めない

・朝の急いでる時など手間がかかる

まぁそんなにデメリットでもないですかね

 

ゆったりとした大人のウォーマーって感じ

 

気になる方は是非買ってみてください

ZIPPO(ジッポー) ハンディウォーマー&オイルセット ZHW-15

ZIPPO(ジッポー) ハンディウォーマー&オイルセット ZHW-15

 

↑ブラックもカックイイ

あれっ!もしかして知らなかったの僕だけ?

ハイっ